認定農業者

ここでは、農業経営に関する支援策や経営改善に関する取組みをご紹介します。

認定農業者の要件とメリット

認定農業者制度には様々なメリットがあり、持続的かつ安定的な農業経営に向けて経営改善に多いに活かすことができます。

農業経営改善計画

認定農業者となる際に提出が必要です。

【Excel】ファイルのダウンロード方法
右クリック→対象をファイルに保存

担い手支援事業

ただいま準備中

集落営農推進事業

ただいま準備中

制度資金

農業近代化資金

施設整備等に必要な資金を融資する農協等民間金融機関が融資する中期の資金で、県が利子補給する資金です。

農業経営基盤強化資金

農業近代資金に比べて、償還期間が長い、資金規模が大きい、農地取得にも使える資金です。

詳細をご覧になりたい方は、こちら

農業改良資金

新たに農業を開始したり、新たに加工部門に進出するなど新作物分野・加工流通分野・新技術にチャレンジする際に適した注記の資金で都道府県が融資する無利子資金です。

農業経営改善促進資金

認定農業者が経営改善計画に沿って規模拡大その他の経営展開を図るために必要な短期運転資金を低利で融資する資金です。

詳細をご覧になりたい方は、こちら

就農支援資金

農業経営を始めるための研修や準備費用を必要とする場合や、農業経営の開始により必要となる種苗、家畜、資材、施設等を購入する場合に、無利子で貸し付ける資金です。

その他の日本政策金融公庫資金

上記以外にも各種の資金がありますので、下のリンクページをごらんください。

詳細をご覧になりたい方は、こちら

経営安定化特別対策事業(町単独SL資金利子助成)

農業経営基盤強化資金を借り受けた場合に、町では借受者に対し、0.5%の利子助成を行っております。

この記事に関するお問い合わせ先

農林振興課 農業政策係

〒992-0392
山形県東置賜郡高畠町大字高畠436
電話番号:0238-52-1827
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年03月29日