マイナンバー制度に係る特定個人情報保護評価書の公表について

特定個人情報保護評価とは

平成27年10月からマイナンバー法が施行されますが、マイナンバーを含む個人情報(これを特定個人情報と言います)を保有するにあたり、個人のプライバシー等の権利・利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

実施の目的

マイナンバーは行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現を目指して導入されるものですが、一方で、個人のプライバシーの保護・管理等について懸念が生じることが考えられます。
そこで、特定個人情報を保有する前に、個人のプライバシー等の権利利益に対する影響、情報の漏えい等のリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることが目的です。
詳しくは、特定個人情報保護委員会のホームページをご覧ください。

特定個人情報保護評価書の公表

評価書名

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 デジタル推進係

〒992-0392
山形県東置賜郡高畠町大字高畠436
電話番号:0238-52-1734
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年03月10日