大日如来

大日如来の写真
大日如来全体像の写真

 元町竜樹院に、辺りを圧するような雄大な大日如来石仏がある。材質は凝灰石で、総高5.4メートル、端正な顔だちの堂々とした座像である。

 旧二井宿街道に面した鞘堂には、古下駄・ぞうり・わらじがたくさん奉納され、特に4メートルあまりもある大わらじが目をひく。
昔、旅の安全と、仏の慈悲を願い奉納されたものではないかと思われる。

又、旧1月15日には、裸の若連が雪の中、大わらじを担ぎ町内をねり歩く、「大日如来わらじみこし祭」が行われる。夜には、「大さいと焼」が屋代川河畔に繰り広げられ五穀豊穣、家内安全を祈りながら燃え上がる炎は盛大で高畠の冬の風物詩となっている。

この記事に関するお問い合わせ先
社会教育課 文化係

〒992-0392
山形県東置賜郡高畠町大字高畠435
電話番号:0238-52-4472
メールでのお問い合わせはこちら