一の沢洞くつ

一の沢洞くつの写真

 蛭沢湖の北東、標高400メートルの山腹に一の沢岩陰遺跡がある。昭和33年に発見、36年発掘調査が実施された。1、2、3、洞があり前庭部を含めての堆積層は6層からなり、上より土師器、弥生式土器、鉄刀、縄文前期の土器、石器、同じく早期後半、草創期と層位的に出土し、その変遷が明確にされた。

 また、縄文期の出土品が多量であるのに比し、弥生、土師器が少なく、狩猟等一時期の仮住居であったのか、それにしても相当長期にわたって使用されたということが、出土品により証明されるという。

この記事に関するお問い合わせ先
社会教育課 文化係

〒992-0392
山形県東置賜郡高畠町大字高畠435
電話番号:0238-52-4472
メールでのお問い合わせはこちら