清水前古墳

清水前古墳の画像

 古墳時代後期に造られた横穴式古墳群で、1号墳、2号墳共通道路工事のため昭和49年3月に復元完成されたもの(3号墳は崩壊している)。

 出土品は須恵器破片、鉄釘等わずかであるが、特に注目されるのは玄室の底面が地表より1メートルくらい高く、巨大な一枚岩を使用、奥壁を直立させたため、背後に裏込め石をつめ倒潰防止をしているのが特徴的である。

清水前古墳
この記事に関するお問い合わせ先
社会教育課 文化係

〒992-0392
山形県東置賜郡高畠町大字高畠435
電話番号:0238-52-4472
メールでのお問い合わせはこちら