ホーム > 商工観光課 > 「生産性向上特別措置法」に基づく先端設備等導入計画の策定及び固定資産税の特例措置について

「生産性向上特別措置法」に基づく先端設備等導入計画の策定及び固定資産税の特例措置について

中小企業の投資を後押しし、生産性向上を支援するため、「生産性向上特別措置法」が平成30年6月6日に施行されました。
これに伴い、高畠町では、生産性向上特別措置法に基づき、「導入促進基本計画」を策定し、平成30年6月15日付で経済産業省東北経済産業局の同意を得ました。
また、6月議会において、一定の要件を満たした先端設備等導入計画に基づき、新規で設備投資した償却資産に係る固定資産税の課税標準額を3年間ゼロとする条例改正を行いました。

高畠町の導入促進基本計画

1.労働生産性に関する目標
 事業者の労働生産性が年率3%以上向上すること。
2.先端設備等の種類
 経済産業省関係生産性向上特別措置法施行規則第1条第1項に定められた先端設備等すべて。
3.対象地域
 町内全域
4.対象業種・事業
 ずべての業種・事業
5.導入促進基本計画の計画期間
 平成30年6月5日から3年間

高畠町 導入促進基本計画 PDFファイル (142KB)

「先端設備等導入計画」の受付を開始します。

先端設備等導入計画の申請の流れ

1.導入する予定の先端設備の工業会証明書を取得します。
 (申請に間に合わない場合は後日提出でも構いません。)

2.上記「導入促進基本計画」に沿った「先端設備等導入計画」を策定し、認定経営革新等支援機関による同計画の確認を受け、「確認書」を取得します。
認定経営革新等支援機関につきましては、中小企業庁ホームページからご確認ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/

3.支援機関の確認を受けた「先端設備等導入計画」を町商工観光課に提出してください。「導入促進基本計画」に沿った内容であるかについて審査し、適合する場合は「認定書」を発行します。

※町から認定を受けた「先端設備等導入計画」に位置付けられた設備は、国の補助金の優先採択を受けられるほか、固定資産税の特例率が適用されます。(先端設備等導入計画での要件と固定資産税の特例の要件に違いがあります。違いについてはこちらをご覧ください PDFファイル (95KB)。)
◎申請に必要な書類◎

 1.先端設備等導入計画に係る認定申請書・先端設備等導入計画
 2.先端設備等導入計画に関する確認書 (認定経営革新等支援機関より取得してください。)
 3.工業会証明書の写し (工業会等より取得してください。)
 4.納税状況閲覧の承諾書

※工業会証明書が申請までに間に合わなかった場合は、後日下記の種類を提出してください。
 5.先端設備等に係る誓約書
 3.工業会証明書の写し (工業会等より取得してください。)


※リース契約の場合は、添付すべき書類が別途必要ですのでお問合せください。

《申請等の様式》
【事業所用】
1.先端設備等導入計画に係る認定申請書・先端設備等導入計画 ワードファイル (29KB)

【記載例】先端設備等導入計画に係る認定申請書・先端設備等導入計画 PDFファイル (184KB)

4.納税状況閲覧の承諾書 ワードファイル (21KB)

5.先端設備等に係る誓約書 ワードファイル (27KB)

【変更の場合】先端設備等導入計画の変更に係る認定申請書・先端設備等導入計画 ワードファイル (26KB)

【変更の場合】変更後の先端設備等に係る誓約書 ワードファイル (27KB)

優先採択される国の補助金について

以下の4つの補助金について、審査の際に優先採択されます。

・ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業(ものづくり・サービス補助金)
・小規模事業者持続化補助金(持続化補助金)
・戦略的基盤高度化支援事業(サポイン補助金)
・サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT補助金)

申請にあたっては、以下を参照してください。

経営サポート「生産性向上特別措置法による支援」(中小企業庁HP)

先端設備等導入計画策定の手引き PDFファイル (1,341KB)

この記事に関するお問合せ先

担当: 商工観光課商工振興係
TEL: 0238-52-2019

あかおに

高畠町役場

〒992-0392 山形県東置賜郡高畠町大字高畠436
あおおに