ホーム > 企画財政課 > 熱中小学校プロジェクト

熱中小学校プロジェクト

起業家精神や最新技術など新たな学びを提供する『大人の』小学校
【熱中小学校プロジェクト】


2010年3月をもって閉校した高畠町立時沢小学校。
多くの卒業生を送り出したその学校は、現在人と人とが交流し、学び、
事業を展開する新たな場として活用されています。

2015年10月、時沢小学校から「熱中小学校」へと名前を変え、
「もう一度7歳の目で世界を…」 をキーワードに動き出しました。
創業精神の学び、里山文化の体験、最新技術とのふれあいを軸に、
学校を訪れるすべての人に学びと刺激をもたらします。

また、かつて教室だった2階部分は、サテライトオフィスとして
リノベートされ、個性豊かな企業が集うビジネス拠点となっています。


入学要項、サテライトオフィスの利用については下記のリンクからご覧ください。
◎熱中小学校ホームページ http://www.necchu-shogakkou.com/

授業の様子

在籍している生徒は21〜76歳のさまざまな大人たち。
授業日は2週間に1度で、大学教授や一流の経営者、起業家などが教諭となり、
ご自身の経験や知識に基づく1時間程度の講義を行い、参加者と交流します。

国語:古森剛先生
(株式会社CORESCO代表取締役社長)
「アナログ言語とデジタル言語」

ベンチャービジネス:山寺純先生
(株式会社Eyes.JAPAN代表取締役社長)
「起業家=社会の珍獣である」

「オープンキャンパス」

生徒として参加する方以外にも、定期的に一般解放のイベントを開催しています。
こちらは2016年1月に、元オフコースのメンバーとして知らせるドラマー・大間ジロー氏
などを講師に迎えて行った第1期オープンキャンパスの様子です。

大間ジロー先生の特別授業「人を幸せにするリズム」
参加者の皆さんとのセッションに加え、その日限りのスペシャルライブも開催されました。

「動画が伝える・・熱中小学校が10倍わかる動画力」
中村寛治先生(株式会社ヒューマンセントリックス 代表取締役)


この記事に関するお問合せ先

担当: 企画財政課
E-mail:kikaku@town.takahata.yamagata.jp
facebook:https://www.facebook.com/town.takahata
TEL: 0238-52-1112

あかおに

高畠町役場

〒992-0392 山形県東置賜郡高畠町大字高畠436
あおおに