ホーム > 総務課 > 高畠町プロフィール

高畠町プロフィール

まほろばの里

まほろばの里の画像  「まほろば」 とは、古事記などにしばしばみられる「まほら」という古語に由来する言葉で、「丘、山に囲まれた稔り豊かな住みよいところ」という意味を持っています。高畠町は、奥羽の山なみ深くに源流をもつ屋代川・和田川の扇状地に拓けた稔り豊かな美しい町です。 山々や丘陵には、貴重な古墳や洞窟岩陰群が点在し、東北の高天原といわれるほどです。また、肥沃な平坦地には、黄金色の稲穂が頭を垂れ、山間地にかけては、ぶどう、りんご、梨が熟し、まさに「まほろばの里」と呼ぶにふさわしいところです。

高畠町町民憲章

わたくしたちは、奥羽の山なみにいだかれた天恵の自然風土と、縄文のいにしえからの歴史と文化遺産をもつ、まほろばの里の住民です。先人のきずいたすぐれた基盤の上に新しい創造を重ね、うるおいと活力にみちた人間の町づくりをめざします。
わたくしたちは、高畠町民としての誇りと責任をもつてここに五つの誓いをたて、ゆたかな土の香りとみがかれた技と、深いまごころが織りなす自治の里をつくるために、力を合わせます。

わたくしたちは、

1.自然と歴史を大切にし、調和のあるまちをつくります。

1.からだをきたえ温かい心を育て、生きがいのあるまちをつくります。

1.誇りと喜びをもって働き、活力のあるまちをつくります。

1.たがいに学び合い文化を高め、知性のあるまちをつくります。

1.郷土を愛し若い力を伸ばし、希望のあるまちをつくります。

町のすがた

位置
東経 140°07′〜 140°17′
北緯 37°54′〜 38°05′
面積
180.26 平方キロメートル (平成27年3月6日 国土地理院)
可住地面積 76.41 平方キロメートル(42.4%)
林野面積 103.27 平方キロメートル(52.4%)
人口と世帯数
総人口(住民基本台帳人口及び外国人登録人口の合計)
平成25年4月1日 平成26年4月1日 平成27年4月1日 平成28年4月1日 平成29年4月1日
人 口 25,080 24,692 24,470 24,130 23,916
12,131 11,979 11,875 11,716 11,643
12,949 12,713 12,595 12,414 12,273
世帯数 7,533 7,524 7,520 7,502 7,536
町花/町木
町花:つつじ  町木:赤松 (昭和51年3月指定)
町の特産品
米、ラ・フランス、さくらんぼ、りんご、ぶどう、まつたけ、牛肉、鯉、清酒、ワイン、ミルクケーキ、そば、納豆、乳製品、農産加工品(ジュース、ジャム、ドレッシング、漬物等)

この記事に関するお問合せ先

担当: 総務課
TEL: 0238−52−1734

あかおに

高畠町役場

〒992-0392 山形県東置賜郡高畠町大字高畠436
あおおに