ホーム > 総務課 > 社会保障・税番号制度がはじまります

社会保障・税番号制度がはじまります

社会保障・税番号(マイナンバー)制度の概要

 
 社会保障・税番号制度(以下、マイナンバー制度)は、「社会保障・税制度の効率性・透明性の確保」と「国民にとって利便性の高い公平・公正な社会の実現」に向けて、国民全員に一意の個人番号を割り当てる制度です。
 また、行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄の削減が期待されます。

平成27年10月から、マイナンバー(個人番号)が通知されます

・高畠町に住民票を有する全ての方に1人ひとつの固有の番号(12桁)が通知されます。

・高畠町から、住民票の住所にマイナンバーの通知カードが送付されます。

マイナンバーは、番号が漏えいし不正に使われるおそれがある場合を除き、一生変更されません。
 大切に保管してください。

平成28年1月からマイナンバーを利用します


 平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続にマイナンバーが必要になります。マイナンバーは社会保障、税、災害対策の中でも、法律や自治体の条例で定められた行政手続でしか使用することはできません。

※詳しくは、下記のリンクをご覧ください。

 社会保障・税番号(マイナンバー)制度(内閣官房)
 (外部リンク)

この記事に関するお問合せ先

担当: 総務課情報統計係
TEL: 0238−52−1734

あかおに

高畠町役場

〒992-0392 山形県東置賜郡高畠町大字高畠436
あおおに